お店の前にあると活気の印象がまるで違うのぼり旗を、さらに効果的に配置するには

神社ののぼり製法は奥が深いのです

のぼり旗を効果的に設置する神事に関する神社ののぼりを製作する際に、特にこだわりを持ち伝統染色技法や
退色しにくい染料を使用して復元をめざす業者です。

こだわりの綿を使用してスクリーン捺染で作成する、こだわりの製法もあります。
スクリーン捺染はシルクスクリーンという印刷の技術と異なり、白抜きの表現が出来ます。

綿などの白い生地に対して全面顔料プリントを行い、裏表の両面を刷ることができて
裏抜けしているような効果を出すことが出来ます。

のぼり旗の伝統技術

技術的には顔料を乗せる印刷技術となるため耐光性はありますが摩擦には弱く、
洗濯などは家庭の中性洗剤で優しい手洗いで綺麗になります。
色やデザインの指定など、問題なく行えます。

仕上がりサイズ・素材・書き文字の使用や防炎加工処理など、発注時に申し込めます。

最近ではネットなどで格安・激安の製品があり、大量に必要な場合や
一時的に必要になった時などは安く発注できるので便利です。

納期も短くフルカラーでデザインも提案してくれる会社もあります。単価が安く大量に必要な時には便利です。

お祭りや神事で盛大に催しを行う場合に効果があります。スクリーン捺染とは異なり、
印刷機で数多く生産しているのでフルカラー・オリジナルが短時間で仕上がります。

神社ののぼりは神事に欠かせません

神社ののぼりは新しいデザインの注文から、従来の旗を大切にした歴史や伝統のあるものを復元して使用する場合があります。神社のぼりを使う
これは神事に不可欠なもので神様をお迎えするために使用されます。奉納する旗に書体やデザインの変更は行わずに
年号だけを差し替える復元して製作する場合も多いです。

長く使用し続けるには厚手の綿生地である帆布や葛城を使用することが一番効果があります。
旗は神様のためはもちろん、神社を守り続け長年の伝統と歴史を感じるためにも必要なものなのです。

代々伝わってきた伝統的習慣や奉納を受ける神社に対して、少しでも華やかで明るくしあわせを願う気持ちが神様に対して抱き続けています。

のぼり旗を掲げることで心霊の依り代となり祈願となるのです。神社への奉納品も神様への気持ちの証しとし、
名前を入れたものを献上することがあります。また建造物の修復や修繕などの費用を工面した場合、
お祭り時の寄付なども恩を形で表現したものとして、のぼりが掲げられている場合があるのです。

何よりも旗が多いと装飾としても立派に見え、華やかな雰囲気を作り出すことが出来ます。
生地や色・サイズも祈願する人の気持ちを表しているのです。

ホーム | グラフィック | デザイン料 | リフォーム | レギュラーサイズ | ネット印刷 | 効果| デメリット| メリット| 生地| キビラ麻